現金オークピアフェスト

お金が必要な理由を明確にしてお金の調達方法を決める際は返済方法から考えよう

お金が足りなくなる時期は、ある日突然訪れるものの収入は決まった金額しか入らないことが一般的です。

 

いくらお金がないからといって無闇にカードローン申し込みを行っても、そもそも審査にすら通らない可能性があります。

 

クレジットカードのショッピング枠に余裕があるならば、最終手段としてクレジットカード現金化が選択肢に入りますが、必ずしも得策とは限らずあくまでも最終手段という位置づけが望ましいです。

 

では、お金を工面するためにはどのような方法が適しているのでしょうか。

 

完済までに2年以上かかる場合はクレジットカード現金化を選択しよう

 

お金が必要な時には、頑張って稼ぐか支払時期が近ければ一時的に借りて計画的な返済をするしかありません。

 

不足しているお金が多額な場合には、返済計画を立てた時に24回払い以上の分割回数となることがあります。

 

完済までに必要な期間が2年以上となる場合には、金利が高い借入先を極力使わない方法が望ましいです。

 

なぜなら、金利の高さは元金の返済速度を遅らせる原因となるので、総返済額に占める利息の割合が高くなりがちだからです。

 

銀行カードローンや目的別ローンといった低金利なローンを利用できれば良いですが、消費者金融を利用するくらいならクレジットカード現金化を選択肢に入れる方が遥かに総返済額を減らせます。

 

完済までに2年以内なら銀行カードローンが第一選択となる

 

完済までに2年以内の期間で済む借入額ならば、迷わず銀行カードローンが望ましいです。

 

なぜなら、利息の負担額が少ないだけでなく、クレジットカード現金化サービスを利用した際に必要な手数料を回収するための期間として2年以内は短いと考えられるからです。

 

銀行カードローンの金利設定は、15%未満となっているだけでなく利用限度額が大きければ数%の金利負担で借入ができます。

 

クレジットカードのショッピング枠に適用される数%という金利負担に近い金利ならば、返済回数が少なければ銀行カードローンが最も総返済額を抑えられるわけです。

 

消費者金融を利用するならクレジットカードのキャッシング枠で我慢しよう

 

数万円という単位のお金が欲しいなら、消費者金融へ新たに申し込みしなくてもクレジットカードのキャッシング枠を利用すればまかなえる範囲内だと考えられます。

 

クレジットカードには低金利なショッピング枠と高金利なキャッシング枠の2種類が本来は存在しており、キャッシング枠は希望制により別途審査が必要です。

 

消費者金融を利用した際の貸付金利は利息制限法で定められた上限金利に近い額となるので、なるべく借入額を少なくしてすぐに完済するためにもクレジットカードのキャッシング枠が適切と考えられます。

 

キャッシング枠はクレジットカードと連動しているので、借入残高があれば先に繰り上げ返済をしようと頑張ります。

 

消費者金融からの借入を新たに申し込みすると、借入先がクレジットカード会社以外にも広がるのでなるべく避けるに越したことはありません。

 

クレジットカード現金化は最終手段として考えると良い

 

お金がすぐに必要だからといってクレジットカード現金化サービスに頼ることは、分割払いやリボ払い残高を無闇に増やす結果に繋がりかねません。

 

そこで、クレジットカード現金化は手持ちのクレジットカードの利用可能額に余裕があればいつでも利用できるからこそ、ショッピング枠と同じ金利負担の銀行カードローンで代用できるようにしておくと良いです。

 

クレジットカード決済により買物を行えば、少なくとも手持ちの現金を使う必要が無くなり、返済計画を着実に進めることができます。

 

それでもお金が足りなくなった時に返済計画を立てた上でクレジットカード現金化業者を利用すれば、新たに審査を受ける必要なく必要がお金を即座に用意できる最終手段となります。

 

お金が欲しいからといってすぐに借入を行うことは、借入額を増やしすぎてしまうので避けなければなりません。

 

クレジットカードのショッピング枠現金化で設定されている低金利の分割払い金利と同等な銀行カードローンならば、返済計画をしっかり立てた上で借入をすれば返済に困ることは少ないです。

 

金利が利息制限法で定められた上限金利スレスレの消費者金融を利用するくらいなら、クレジットカードのキャッシング枠を利用した方が遥かに管理しやすいと考えられます。

 

お金を調達するために借入を行う際には、クレジットカード現金化業者の利用を最終手段と考えておくくらいが丁度良いです。