現金オークピアフェスト カードローン

急な支出が重なりお金に困ったらカードローンを利用すると解決につながる

銀行系カードローンと消費者金融では、それぞれに長所と短所があります。

 

お金を借りることに違いはないので、それぞれの特徴を把握して少しでも有利な借り入れをすると良いです。

 

近年はカードローン会社も多くなり、独自のサービスを展開してることもあります。

 

申し込み方法はどちらもネットで完結しますが、その後のサービスに違いがあります。

 

銀行系カードローンと消費者金融のサービスの違い

 

最近ではほとんどのカードローン会社が、ネットを通じた申し込みを可能にしています。

 

この点においては、銀行系も消費者金融も共通しています。

 

銀行系のカードローンでは、申し込みから融資可能になるまでの期間が最短でも2日程度かかってしまいます。

 

その反面で金利が消費者金融に比べて4%ほど低く設定されているので、借りる立場としては嬉しいです。

 

銀行系は1,000円単位で借り入れが可能なので、無駄に借りてしまう心配がありません。

 

ただ、消費者金融の行っているキャンペーンのような特典はありません。

 

消費者金融の多くは手続きがスムーズに進めば即日融資も可能なので、急な出費にも対応することができます。

 

また、独自のアプリを用意したり契約時に特典を用意するなど、銀行系カードローン会社にはないサービスを行っています。

 

その点においてはお得感がありますが、金利が銀行系よりも高く設定されているので返済額が多くなります。

 

カードローン会社のATMを使えば1,000円単位の借り入れも可能ですが、手軽に利用できるコンビニのATMでは10,000円単位の借り入れになってしまいます。

 

ついつい使いすぎてしまう危険性があり、お金に対する感覚がずれてしまうことがあります。

 

借り入れに対して総量規制が適用されるかどうかの違いがある

 

現金を貸し付ける際には、総量規制という制度が係わってきます。

 

この制度は年収の3分1を超える貸し付けをしてはいけないという決まりで、消費者金融には適用されますが銀行系カードローンには適用されません。

 

そのため、消費者金融に申し込みをした場合には年収の3分の1を超える希望借入金を設定しても審査に通らず、3分の1の範囲内で借入限度額が決まります。

 

他から借り入れがあるときには、その借り入れ金額も合計されて3分の1を判断されます。

 

銀行系カードローンは総量規制が適用されないので、銀行の判断で3分の1を超える貸し付けを行うことも可能です。

 

消費者金融の借り入れ条件として、安定した収入のあることというものがあります。

 

銀行系では総量規制が適用されないので、専業主婦のような無職の人に対しても貸し付けを行うことはできます。

 

配偶者に一定の収入があれば借り入れが可能ですが、現実的には無職の人に対して貸し付けを行う銀行は存在しません。

 

カードローンを利用するときは返済のことを忘れない

 

銀行系にしろ消費者金融にしろ、カードローンを作ることは非常に簡単な世の中になりました。

 

どこにでもあるコンビニで借り入れと返済ができるので、スピーディーで急な支出があっても安心できます。

 

カード一枚で現金が手に入るのは利便性に優れていますが、それが日常化してしまうと不必要な借り入れをしてしまう恐れもあります。

 

過剰な借り入れは返済不能になったり、多重債務の入り口になってしまい自分を追い込んでいきます。

 

借り入れするときは返済のことを考えているのは当然ですが、日々の忙しい生活のなかで借り入れの事実を忘れてしまうこともあります。

 

返済が遅れてしまうと返済額が増えていき、ますます苦しい状況になります。

 

返済に困ってしまったらカードローン会社側相談に乗ってくれますが、その前に返済計画をしっかりと立て借りすぎに注意しなければなりません。

 

総合的にみて自分のニーズに合ったカードローン会社を選ぶ

 

銀行系カードローンと消費者金融には、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

例えば銀行系なら金利が低いので、まとまった現金を長期にわたって借り入れるのに適しています。

 

消費者金融では契約時に無利息期間を設けるなどのキャンペーンを行っているので、少ない現金を短期的に借り入れるのに適しています。

 

自分の置かれた状況を把握して、どちらのタイプが良いのかを検討してから申し込むと良いです。

 

いずにしても返済計画はしっかりと立て、無計画な借り入れをしないことが大切です。