現金オークピアフェスト ポイントサービス

お金が無いならポイントを使うと良い?持っていれば現金が無い時に便利なポイントサービス

現金は使える場面も多いので、多く持っていた方が何かと便利です。しかし、現金を用意するのは簡単ではなく、特に給料日前や急な出費があった後の金欠程辛い物はありません。

 

そんな時は物を売って現金化する方法もありますが、現金化以外にもオススメな方法があります。

 

その内の1つがポイントサービスです。

 

ポイントと一口に言ってもTポイント・楽天スーパーポイント・dポイント・Pontaポイント等数多く存在しています。

 

どのポイントにもメリットとデメリットが存在しているので、どれがオススメかに関しては個人で違います。

 

しかし、どのポイントでも現金が無い時のみならず現金が手元にあって金欠とは無縁の時でも有効な使い方があります。

 

これらの使い方を覚えておけば今後、買い物でポイントを貯めていた時に無駄無く使えるようになります。

 

貯めたポイントは現金や電子マネーに換金できる物もある

 

ポイントサービスの中には現金や電子マネーへの交換に対応している物もあります。

 

例えば、Tポイントなら1000ポイント以上貯まっていれば850円からの換金、楽天スーパーポイントならポイントを電子マネーのedyへの交換が可能になります。

 

少なくとも「お金」にする事はできるので金欠をある程度解消できます。

 

しかし、お金へと交換する為には地道にポイントを貯め続ける事が必要です。

 

また、ポイントの中には「期間限定」のも含まれている事も多く、そちらのポイントだと上記の方法で現金化するのはできない事が多いです。

 

更に、ポイントから現金への交換には時間を長く要する場合もあります。

 

早いものだとリアルタイムか数日程度で済みますが、長くなると数週間から申請日から翌月になる物もあります。

 

現金自体は手に入っても受取ができるまでは長いと、金欠の時に限って受け取る事ができないリスクも出て来るので、ポイントを現金へ変えるにはタイミングも重要になります。

 

現金代わりに使う事もできるので金欠になった時には役立つ

 

現金へ換金しなくてもポイントはそのまま使う事ができます。

 

提携店でも貯まっているポイント分だけ現金の代わりに使う事ができます。

 

つまり、貯まっているポイントで現金をできる限り使わずに給料日等現金が手に入る日まで極力使わないようにしておく事もできます。

 

それこそ食料品を多く取り扱っているスーパーやコンビニ等でポイントを使えば嗜好品の買い物はできなくても食料の買い物はできるので、飢えを凌げられます。

 

注意点としては使えるポイントは各お店で違います。

 

ポイントサイトで使えるお店やサービスの確認ができますが、場合によっては近辺には無い可能性もあります。

 

特に金欠の時にポイントを使おうにもお店がないので使えないと完全にお手上げになる可能性もあります。

 

また、ポイントによっては期間限定ポイントはネットサービスでしか使えない場合もあります。

 

期間限定ポイントが多く貯まっている人はネット通販で買い物できる物を買うしかできないので、こちらも注意が必要です。

 

ポイントを効率よく貯めるにはどんな方法がオススメ?

 

ポイントは持っていると便利ですが、貯めるとなるととても大変です。

 

ですが、効率よく貯める方法も存在します。

 

アンケートサイトを利用する

 

アンケートに答えるとポイントが貰えて貯まったら別のポイントや景品等と交換できるアンケートサイトへの登録は比較的ポイントが貯めやすいです。

 

特にヤフーリサーチだとTポイント、楽天インサイトだと楽天スーパーポイント等ポイント元が運営しているアンケートサイトだとポイント交換せずともポイントが貯められてオススメです。

 

ポイント付与しているクレジットカードを使う

 

クレジットカードをまだ持っていなくてこれから作ろうとしているのであれば、利用した分だけポイントが付与されるクレジットカード、有名なのだと楽天カードやヤフーカード等を作ってお買い物してポイントを貯める事もできます。

 

金銭的に余裕のある時はクレジットカードで買い物しつつ、ポイントも貯めておけば金欠になった時にポイントで買物もできるようになります。

 

現金の方が便利だけど、ポイントも持っておいて損はない物

 

現金の方が使える場所も多くて利便性の面で見てもこっちの方が便利ですが、ポイントも持っておけば金欠の時に限らずお金を使いたく無い時にも使えるので非常に便利です。

 

使える場所に限りがある事や貯めるまでの道のりが長い、必ず現金が貯まる訳では無い等デメリットも多いですが、それでも便利な物である事に変わりありません。

 

理想だけで言えば急な金欠になった時でも対応できるように常に貯金や売れる物やクレジットカードを持っているなら、それぞれの内容に合わせて現金化して現金を用意しておいた方が良いです。

 

けれど、それらを持っていないのであればポイントにも目を向けてみるのも良いでしょう。